2021/11/1号 出勤・面接前のイトダイマガジン

イトダイ

ブログ管理人の僕が、毎日気になったニュースを取り上げています。
転職、Eコマース、新事業…など幅広くピックアップしています。

目次

もう一つの未来を迎えに行く【キンコン西野】

【西野亮廣】もう一つの未来を迎えに行くオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』では毎日いろんな記事(僕が日々の仕事の中で学んだこと)を書いているのですが、時々、まだ僕の頭の中で上手くまとまっていないことなども備忘録的に書いたりします。今回は、そんな備忘録の中から『もう一つの未来を迎えに行く』という記事を選んで、加筆修正しました。加筆修正したところで、まだ上手くまとまっていませんが、そんなことも踏まえながら読んでいただけると嬉しいです。【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】第14回 作為的に「不便」を作ることで「創造」へとつながる白熱する稽古現場『映画 えんとつ町のプペル』の再上映がスタートしました。泣いても笑っても、ハロウィン当日(10月31日)に上映は終了します。「なんで、もっと長い期間やらないの?」とか、「なんで、もっ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12706872127.html

2021年はSEO激動の年、昨対168%もの順位変動の発生率!【海外&国内SEO情報ウォッチ】

Web担当者Forum の連載コーナー「海外&国内SEO情報ウォッチ」を更新。2021 年は、Google 検索のランキング変動がかなり多い激動の年だったようだ。大きな順位変動が発生した日の比率が 68% 多かったと、SEM ラッシュが報告している。

https://www.suzukikenichi.com/blog/seowatch20211029/

大人のボールペンは300円台で 低重心・スタビライザー機構を備えた三菱鉛筆「ユニボールワンF」の凄さ

100円のボールペンに飽き足りない、高機能な使い心地を求めるユーザーが増えているという。そんな中投入された330円の製品がすごいのだ。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2110/30/news037.html

リンク否認の効果とやり方を解説!SEOに悪影響を与える低品質な被リンクとは?

SEO対策として、外部サイトからの被リンクは重要な要素です。しかし、被リンクの中には意図しない悪質なものが含まれているケースがあります。自分のWebサイトが低品質なリンクを受けてしまうと、Googleからの手動対策によってサイトの一部またはすべてが検索結果に表示されなくなる可能性があるため、そのような悪質なリンクを放置してはいけません。そこで活躍するのが、Googleの提供する「リンク否認ツール」です。この記事ではリンク否認ツールの使い方や効果について、詳しく解説していきます。リンク否認とは「リンク否認」とは、Webサイトに付いているリンクの効果を無効にすることを指します。Googleの提供する「リンク否認ツール」を使うことで不要なリンクは除去可能です。Googleの「Disavow links to your site」によると、Webサイトにスパム・低品質なリンクがある場合にはリンク否認すべきだといっています。2016年に実施されたGoogleのアルゴリズム改善「ペンギンアップデート」によって、低品質な被リンクがサイトについているとペナルティを受けるリスクが高まりました。質の低い被リンクがWebサイトに付いている場合には、ユーザにとって価値の低いWebサイトと判断されてしまいますし、Googleをはじめとする検索エンジンにも低品質と判断されてしまう可能性があります。なぜ低品質なリンクを否認するべきなのかGoogleからペナルティを受けて、順位などに悪影響を及ぼす可能性があるため低品質なリンクは否認すべきという意見も多いです。通常、被リンク(外部のサイトから自分のサイトにリンクを貼ってもらうこと)を獲得するほどページやサイトは評価を上げていきます。…

https://lany.co.jp/seo/blog/disavow-links/

古いパソコンの動作を新品同様にする方法8選

数年使用すると、多くのノートパソコンやPCは動作が遅くなり、一般的な作業が以前ほど楽にできなくなります。ここでは、デスクトップかノートパソコンかを問わず、経年劣化してきたハードウェアのスピード、パフォーマンス、信頼性を向上させるための一般的なコツをご紹介します。

https://www.lifehacker.jp/2021/10/8-ways-to-make-your-old-laptop-feel-new-again.html

11月は「テレワーク月間」、産学官連携のオンラインイベントを2日に実施 

11月は「テレワーク月間」として、テレワークの普及・推進のためのイベントなどが行われる。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省および学識者、民間事業者などから構成されるテレワーク推進フォーラムが中心となり実施されるもの。テレワークを実施する企業、団体、個人などと協力して、働き方の多様性を広げる国民運動になることを目指すという。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1362562.html

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる